Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shirako/yachiyo-gaiheki.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

八千代市の外壁塗装業者で『地元で評判なおすすめ会社』リスト【2018年最新版】

八千代市内で外壁塗装を行っている業者の中で『地元で評判の良い信おすすめな会社』リストを掲載しています。外壁塗装で失敗や後悔したくない、八千代市近辺にお住いの方はご参考ください。

住宅の外回りに用いる建材の豆知識 外壁工事を行う際の基礎知識

一戸建ての外壁を総タイルにする「価値を感じる」7つのメリット!

投稿日:

外壁イメージ

知ってますか?一戸建ての外壁総タイルのメリットとデメリット

<目次>

【もう確認しました?】八千代市付近の方達から信頼されている外装リフォーム店リスト
外壁や屋根等の外装工事で、八千代市近辺の方達から支持を得ているリフォーム業者3つを掲載しています。これから屋根や外壁等の施工を検討されている方は、こちらをご参考ください。

千葉や八千代周辺で評判の良い外壁塗装業者TOP3を確認する

一戸建ての外壁総タイルのメリットデメリット把握してます?

タイル
一戸建ての外壁を総タイルにすると、とても見栄えが良くなり高級感あふれる建物とする事が出来ます。

メンテナンスも通常のモルタルやサイディングの物と違い、10年毎に必要な塗装等のメンテナンスが無く多くの方が最近も選ばれています。

・実際にどういうメリットが有るのか
・デメリットや必要なメンテナンスはどんな物が有るのか
・総タイルの外壁にリフォームした時の費用はどの位なのか

しかしリフォームを行う時には、こういった事もしっかりと把握した上で一戸建ての外壁を総タイルにするのかどうかを検討してください。

基本的に業者にこういう事を聞いても都合の良い事しか言いません。

特に訪問販売や、リフォーム仲介業者経由の価格だけが勝負の会社等は、言葉巧みに工事契約を進めてきます。

なので、相談する業者は地元の県内で評判の良い外壁リフォーム会社に相談される様にしてくださいね。

下記には千葉県民に愛されている地元で評価の高い外壁リフォーム店を調査した結果をまとめていますので、下手な業者の強引な営業に騙されない為にもチェックしておいてくださいね。

それに加えて、一戸建て住宅の外壁を総タイルにする場合必要知識として、メリットデメリットや費用、注意点などを詳しくご紹介致します。

外壁を総タイルにリフォームする場合の価格はどの位かかるのか?

まず、どの程度外壁部分をタイル張りにしたときお金がかかるのか?真っ先に気にかかる部分だと思います。

金額単価や値段の理由についてまとめています。

リフォームを行う前に、下記の様な事を踏まえて「長い目で得かどうか」を判断されて下さいね。

基本的に総タイル張りにすると金額が高くなる

外壁総タイル張りの費用(平米単価)総タイル張りにする事は費用が高くなってしまう理由は、無機質材料だからです。

1300度以上の高温で焼き上げた材料であり、タイル自体は永久的に使う事が出来ます。

中には親水性を発揮するタイルも増えており、タイル張りにするだけで様々な手間やメンテナンスがかからない理想的な外壁にする事が出来ます。
その分、費用はドンとお高くなってしまいます。

外壁総タイル張りの費用(平米単価)

外壁総タイル張りの費用は、選ぶ材料や工法により異なります。

13,000~35,000円程度が相場であり、150m2の一戸建てと仮定すると1,950,000~5,250,000円程かかってしまいます。

また、施工m2数が少ない場合は割高になってしまう事もございますので、これらの単価よりも高上がりになってしまう事がございます。

他の外壁材と比べると工事費が高いタイル張り

他の外壁材と比べると工事費が高いタイル張り塗装の普及品はm2当たり2,000円程度、サイディングの普及品はm2当たり4,000円程度、タイルは安く見積もってもm2当たり13,000円程度ですので、雲泥の差でお高い事がわかります。

しかし、様々なメリットが多い材料ですので、費用の差では埋める事が出来ない利点を多く得る事が出来ます。

タイル張りはライフサイクルコストが抜群に良い

タイル張りはライフサイクルコストが抜群に良い外壁のタイル張りは耐久性が大変よいのが、大きなポイントです。一般的な外壁材の場合、7~10年ほどでメンテナンスが必要となります。

タイルは無機質ですので、タイル以外の下地や目地のメンテナンスのみが必要となりますので、20年に1度程度のメンテナンスでOKとなります。

リフォームの頻度が多いという事は、足場等の仮設物を使う頻度も多くなってしまいます。

リフォーム頻度が少ないタイル張りは、長い目で考えるとコスパがよく手間がかかりにくい材料となります。

このように、タイル張りは単価はずば抜けて高いのですが、ライフサイクルコストを考えると採用を視野に入れるべきです。

上記の様に、価格が高いけれども長い目で見るとメンテナンス費用を抑えられて、お得なのが総タイルへのリフォームです。

けれども、全てのお宅がそういう訳ではありません。あなたのお住いの家の特徴によっては、耐震性に著しく悪い影響を与えたりとあまりタイルへのリフォームが合わないなんて事も。

悪質なリフォーム会社の場合には、そんなあなたのお家の状況に関係なく「単価の高いタイル」へと強引にプッシュしてくる事も有ります。

なのでこういうリフォームを行うのであれば、本当に総タイルにすべきなのかを親身に相談に乗ってくれる業者を見つけるのがとても大事です。

下記には当サイトに寄せてくれた、実際に外壁リフォームを行った方の体験談を掲載していますので、参考にしてみて下さい。

外壁を総タイルにした時の手入れやメンテナンスは?

実際に戸建て住宅の外壁を総タイルにした時には、経年劣化等で下記の様な事が発生する可能性が有ります。

事前にこういう手入れやメンテナンスが有る可能性が有る事を把握した上で、総タイルを行う様にしましょう。

コーキング(シーリング)部分からの雨漏りや浮き

コーキング(シーリング)部分からの雨漏りや浮き外壁のタイル自体は結構丈夫で中々劣化し辛い物ですが、それに比べてタイルをつなぐコーキング(シーリング)部分の劣化や浮きから雨漏りが発生する事は多くあります。

なので定期的にコーキング部分をチェックしてひび割れや痩せてきたり、浮きが発生していないかを確認する必要が有ります。

コーキング(シーリング)部分の劣化が確認されて来た場合には、早めにリフォーム会社などに相談を行いましょう。

タイルの黒ずみやカビの発生

タイルの黒ずみやカビの発生総タイルの外壁にリフォームを行って時間が経ってくると、当然タイルにも黒ずみと言った変色がしたり、カビの発生が目立つ事も有ります。

そういう時、結構ご自身で洗剤を用いてキレイにしようかと考える方もいるかも知れません。

けれども、高所の作業になるので大変危険です。10年や20年毎に高圧洗浄などの処理を業者に行ってもらう必要が有ります。

外壁タイルへリフォームするの耐久度や耐用年数はどの位?

外壁タイルへリフォームするの耐久度や耐用年数はどの位?上記の様にメンテナンスが必要になる事も時には有りますが、基本的に耐久度や耐用年数は20年から50年前後の物が多く見受けられます。(素材による)

例えば、改修前の東京駅などは新しくなるまで何十年も外壁タイルで維持していました。

その位にタイルの外壁は強く、他の素材と比較してもダントツの耐久度を誇ります。

結局外壁はタイルとサイディングどっちがおすすめなの?

実際の所、サイディング材の方が正直安いと言うのは有ります。デザインもタイルの様なデザインが今では有り、見た目もそれに近い様にする事が可能です。

けれども、間近で見るとタイルに似せて作られた物ならではの「チープ感」で出てしまい、安っぽいイメージが出てしまう事も

なので、デザイン的にはやはりタイルそのものを利用するのが一番です。

また、耐久度もサイディングと比べてはるかに高く、10年単位での塗装メンテナンスもいりませんので、長期的に見ると値段もお得になる事も。

初期投資に余裕がもてたり、ローンを組めるのであれば総タイルにリフォームするのがベストですよ。

一戸建て住宅の外壁を総タイルにする時の費用や注意点等をまとめると…

実際にこれから戸建て住宅の外壁を総タイルにリフォームしよう!と思った時の注意点をまとめてみると下記の様になります。

・外壁タイルにリフォームして良いのか「良い業者」に相談をしよう
・タイルへの外壁リフォームは値段は他の素材より高め
・値段は高いけど長い目で見れば外壁タイルはお得です
・総タイルの外壁にした時にどんなメンテナンスが必要か知ろう
・サイディングとタイルは長期的に見ればタイルがおすすめ

こういう事を参考に、外壁のリフォームはちゃんとした業者に相談した上でしっかり検討してくださいね。

千葉や八千代市で信頼できる業者BEST3知ってます?

外壁リフォーム業者≫【外壁リフォームで失敗しない】千葉や八千代で評判の高い業者を確認

-住宅の外回りに用いる建材の豆知識, 外壁工事を行う際の基礎知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

外壁コーキング

外壁コーキングの劣化を判断するポイントと対処方法!

外壁コーキングは、サイディングのジョイント部分に充填されている、目地材です。 ジョイント部分にコーキングを充填する事で、水や湿気等を建物に浸透させない効果を発揮してくれます。 コーキングにも耐用年数が …

外壁に風水

家の外壁に風水を取り入れる!【色選びのポイントや具体例】

家の外壁に風水を取り入れる!【色選びのポイントや具体例】 【目次】 家の外壁に風水を取り入れて運気アップしましょう 風水を外壁に取り入れるポイント5つ! 凹凸が無い外壁デザイン 陽の作用を持つ暖色系が …

輸入住宅

輸入住宅の家を外壁リフォームする時は「塗料」にこだわろう!

輸入住宅の外壁の特徴は、白っぽいカラーを仕上げとしたモルタル外壁を使っている事が大半です。 その為、築年数が経っていくと、雨だれなどの色が外壁に付着してしまい、目立ってしまいます。 せっかく輸入住宅に …

住宅ローン控除

住宅ローン控除の減税は外壁工事でも可能!けれども損になる事も

景気対策の一環として、住宅ローンの減税控除が時折注目されています。 外壁塗装を住宅ローンで組むと、住宅購入時の住宅ローンの減税になる事があります。 外壁工事は住宅ローンの控除に該当するのか? 住宅ロー …

外壁の浮き

外壁に浮きが見られる原因と正しい対処方法ご存じですか?

外壁に浮きが見られる原因と正しい対処方法ご存じですか? <目次> ≫ 外壁サイディングに浮きが発生していませんか? ≫ 外壁サイディングに浮きが見られる原因と2つの対処法 ≫ サイディングの浮きは早め …