八千代市の外壁塗装業者で『地元で評判なおすすめ会社』リスト【2018年最新版】

八千代市内で外壁塗装を行っている業者の中で『地元で評判の良い信おすすめな会社』リストを掲載しています。外壁塗装で失敗や後悔したくない、八千代市近辺にお住いの方はご参考ください。

リフォーム関連情報ブログ

パミールAの屋根は欠陥商品?6つの葺き替え工事前の必要知識!

投稿日:

パミールAの補修費用相場

まともな業者の場合…100万~180万前後


【もう確認しました?】八千代市付近の方達から信頼されている外装リフォーム店リスト
外壁や屋根等の外装工事で、八千代市近辺の方達から支持を得ているリフォーム業者3つを掲載しています。これから屋根や外壁等の施工を検討されている方は、こちらをご参考ください。

千葉や八千代周辺で評判の良い外壁塗装業者TOP3を確認する

築10年以上のお宅は注意!パミールAの屋根はボロボロ剥がれる恐れがある

築10年以上のお宅は注意!パミールの屋根はボロボロ剥がれる恐れがあります

数年前から話題になっている事として、屋根材が原因で築10年を過ぎたあたりからボロボロと剥がれてくると言う事態が発覚しています。

主に1996年~2008年の間に建売住宅を購入された方が対象です。

原因としては、この時期に多く用いられていたニチハの「パミールA」と言われる屋根材が使われていると発生します。

こういう状況を放置してしまうと、もちろん家にとっては良くないですから、しっかりとした対処を行わなくてはいけません。

パミールAのリコールは「釘」のみ!保証や補てんは殆ど無い

パミールのリコールは「釘」のみ!保証や補てんは殆ど無い

こういう事態を受けて、メーカーで有るニチハも数年前にリコールを発表しました。

しかし、内容としては屋根材の剥がれを補てんするものでは無く、屋根材を止めている釘の交換がリコール内容になっています。

保証しろ!と言う方も多いかも知れませんが、今回の症状は10年以上経ってからの問題です。

メーカーの保証期間を過ぎており、10年間は屋根として機能していた訳ですから、確かに全額補てんしろと言うのはおかしな話かもしれません。

パミールの件でハウスメーカー問い合わせてもクレームに対する対応はしてくれない

ハウスメーカーなども基本的に「パミール」のクレームに対する対応はしてくれない

ではメーカーが保証してくれないとなると、家を建てたハウスメーカーに対応させよう!と考える方も多いですが、基本的にこのパミールAに対する補てんはやってくれない物と考えた方が良いかも知れません。

参考:YAHOO知恵袋

補てんしてくれない所か、ニチハに問い合わせを促してたらい回しにされた挙句、ハウスメーカーに屋根の葺き替え工事を契約させられたりします。

基本的にハウスメーカーの屋根工事の場合は下請け業者に丸投げなので、割高だったり品質が粗悪で後々別の問題が発生する可能性もあるので注意しましょう。

こういう業者にパミールAの不具合対処を依頼すると危険!典型的な失敗パターン

こういう業者にパミールの不具合対処を依頼すると危険!典型的な失敗パターン

実際にこういう補修工事を依頼する業者を選ぶのは結構骨が折れる作業です。

結構値段にシビアな人だったりすると、一括見積りサイトやリフォーム業者紹介サイト等でいくつかの見積もりを比較する事を検討されると思います。

これ、一見かしこい様で「大きな間違い」です。

  • 一括見積りや業者紹介サイトは多額の中間マージンを取っている
  • 中間マージンはあなたの契約額の10~15%取っている事が多い
  • 利益の大半を抜かれる業者の工事品質は当然低い事が殆ど
  • 価格競争の得意な「安かろう~」な業者しか加盟していない
  • 業者を工事を目視で審査は行っておらず「書類だけの審査」が殆ど

つまり、多額の中間マージンを抜かれても平気な手抜き業者が加盟している可能性が有ると言う事です。

10%~15%の中間マージンと言うと、リフォーム会社の利益の半分以上。普通であれば到底有り得ません。

なので、リフォーム会社を比較したいならば、地域で評判の良い会社を何社か見つけて比較する様にしましょう。

そんなに時間はかからないはずです。

パミールAの補修は地元で信頼できる「専門知識の有る業者」に依頼しよう

パミールの補修は地元で信頼できる「専門知識の有る業者」に依頼しよう

パミールAの修理や補修工事は、どういう施工業者に依頼したら良いのだろう?

そういう時には、地域でパミールの専門知識を持つリフォーム会社に相談されるのがベストです。

例えば、下記の業者等は千葉県内全域で活動しており、パミールの改修工事を専門的な知識を持って行ってくれます。

提案も職人が直に行ってくれるので、余計な物を売り付けられたりする恐れも無いかも知れませんね。

屋根材パミールをリフォームする費用相場はどの位なの?

屋根材パミールをリフォームする費用相場はどの位なの?

実際にリフォームでパミールAの不具合を対処すると、平均的に100万~180万位は発生します。(30坪前後のお宅の場合)

この値段の開きは、「リフォーム方法」の違いによって大きく変わってきます。

一般的にパミールAのリフォームで用いられるのは「葺き替え」か「カバー工法」で、それぞれの値段の違いは下記のとおりです。

・葺き替え…150~180万前後
・カバー工法…100~130万前後

それぞれのメリットデメリットについて詳しく見ると、下記の様になります。

パミールAを葺き替えにするメリットは不安を払拭できる

パミールを葺き替えにするメリットは不安を払拭できる

葺き替えを選ぶメリットとしては、パミールの不具合による屋根の劣化への不安を払拭する事が出来る事です。

不安の有るパミールをすべて撤去して、新しい屋根材へと葺き替えるので、もうパミールにはうんざりしている方はこういう工法を選ぶ事で不安の無い生活を送る事が可能です。

デメリットとしては、カバー工法よりも50万程費用がかさむ上、実は効果はほとんど変わらない事です。

パミールのカバー工法のメリットはコストパフォーマンスが高い!

パミールのカバー工法のメリットはコストパフォーマンスが高い!

葺き替えに比べて、カバー工法のメリットはコストパフォーマンスが高く50万円ほど格安で工事を行う事が出来る事が可能です。

また、しっかりした業者に依頼を行えば、パミールAと屋根材の間に粘着コーティングシート等を入れてくれて、葺き替えとそん色の無い効果を引き出してくれます。

良いリフォーム会社を見つけられるのであれば、断然こちらを選ぶのが最も賢い選択でしょう。

パミール問題を塗装で補修するのは大きな間違いです!

パミール問題を塗装で補修するのは大きな間違いです!

中には、格安でパミールAの補修を行おうと思い、塗装を選択する方も少なくありません。

けれども、今回のパミール問題の対処として塗装を行っても改善される見込みは少ないです。

と言うのも、パミールAの表面が剥がれる力より、塗膜の力の方が強いとは限らないからです。

塗装工事を行った直後は良いかも知れませんが、数年経って塗膜の力が弱まった時、塗装と共に表面が剥離してくる可能性は非常に高いでしょう。

知識の無い業者は、こういった塗装工事を勧めてくるかも知れませんが注意して判断を行ってくださいね。

パミールAの剥がれに対する正しい知識と対処法をまとめると…

パミールの剥がれに対する正しい知識と対処法をまとめると…

  • 1996年~2008年の間に建てられた家はパミールが使われている事が多い
  • パミールの不具合の内容は「表面の剥がれ」放置すると雨漏りする事も
  • メーカーは不具合に対する補てん等は基本してくれない
  • リフォーム一括見積りや紹介サイトは「安かろう~」な業者の可能性が高い
  • 施工業者を選ぶならば地域で評判の良い会社を選択しよう
  • パミールの補修で最もコスパが良いのは「カバー工法」

こういった様に、屋根材パミールの不具合に対する対応上記の事を気を付けて取り組まなくてはいけません。

これからパミールの不具合を何とかしたいと考えている方は、上記の事をポイントに抑えて正しい対処を行ってくださいね。

千葉や八千代市で信頼できる業者BEST3知ってます?

外壁リフォーム業者≫【外壁リフォームで失敗しない】千葉や八千代で評判の高い業者を確認

-リフォーム関連情報ブログ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ベランダ拡張費用

ベランダを広く拡張したい!そんな時のリフォーム費用感まとめ

ベランダを広く拡張したい!そんな時のリフォーム費用感まとめ 【目次】 ベランダの拡張リフォームの費用はどの位かかるのか? ベランダ拡張の種類とそれぞれの費用感まとめ ベランダの拡張工事を考えたらまず良 …

トイレの壁紙リフォーム

トイレリフォーム時の壁紙は「機能性と耐久性」から選ぼう!

トイレをリフォームするのでしたら、壁紙も変えてリフレッシュしましょう。 トイレは狭く水を常に使う空間ですので、その用途に似合った壁紙を選ぶと快適なトイレ空間になります。 トイレの壁紙の選び方は耐久性や …

シート防水

屋根のシート防水工事の費用はどの位?施工は腕の立つ業者に依頼を!

シート防水とは、屋根若しくは屋上に伸縮性に富んだシートと塗膜塗料の併用により、防水性を高めた工法です。 リフォームの場合は、既存の下地がどのような種類であっても被せる事が出来るので、既存防水の余計な撤 …

キッチンの床材

台所の床リフォームは水気に強いクッションフロアが最適です!

台所は水を使う空間ですので、水や湿気に強い材料が適しています。 主にキッチンではクッションフロア等が選ばれる事が多いです。 台所は今から見える空間ですので、今と同じ床材を使って統一を持たせたい方もいら …

雨漏り対策

雨漏り発生時の一時しのぎや応急処置など注意点まとめ

雨漏り発生時の一時しのぎや応急処置など注意点まとめ 【目次】 雨漏りが発生した時の一時しのぎや応急処置のポイント 一時しのぎで終わらせず必ず原因の解決を行おう 雨漏りの対処はリフォーム専門店に依頼しま …