八千代市の外壁塗装業者で『地元で評判なおすすめ会社』リスト【2018年最新版】

八千代市内で外壁塗装を行っている業者の中で『地元で評判の良い信おすすめな会社』リストを掲載しています。外壁塗装で失敗や後悔したくない、八千代市近辺にお住いの方はご参考ください。

住宅の外回りに用いる建材の豆知識 外壁工事を行う際の基礎知識

ガルバリウム鋼板の傷を補修する時に後悔しない為の注意点!

投稿日:

傷の補修

ガルバリウム鋼板は、鉄材なので比較的傷が付きやすい傾向にあります。

外壁にガルバリウム鋼板を使った際に、傷があると気になってしまうものですよね。

時には傷を放置すると、そこから痛みが広がって来ることも有るので早めに対処するのがおススメです。

ガルバリウム鋼板の傷を補修していくポイント

そんなガルバリウム鋼板傷の補修をしても、補修部分が目立ってしまう事も少なくありません。

凹みが殆ど無い傷の補修は、傷の上から塗装にてタッチアップ処理を致します。

しかし、そのタッチアップ塗料がガルバリウム鋼板と合わなく、目立ってしまう事があります。

八千代市で信頼できると地元の評判が高い外壁リフォーム業者リスト

ガルバリウム鋼板は傷の補修をしても色合いが変わる事も

ガルバリウム鋼板は工場で焼き付け加工をしている材料なので、メーカーから出してもらうタッチアップ塗料を塗布しても綺麗に馴染ませる事ができない場合があります。

同じカラーなのですが、焼き付けているかどうかの違いで若干の色合いが変わってしまうのが、大きな原因です。

この現象は、サイディングでも起こってしまう原因であり、工場焼き付け材料にはこのような事が起きてしまいます。

その為、傷を補修しても却って目立っている!と苦情が絶えない事があります。

少しの傷の場合は、補修せずにそのままにしておく事も1つの提案と言えます。

傷の補修は塗装が得意なリフォーム店に依頼しましょう

基本的に傷を補修したい場合は、塗装が得意なリフォーム会社さんにお願いして特殊なタッチアップを行ってみましょう。

タッチアップをする事で色合いが目立ってしまう場合は、塗装業者により補修塗料のカラーを調整してもらい、ぼかすように吹付け塗装をしてもらう事が1番です。

少し大掛かりになってしまいますが、塗料のカラー調整は塗装の職人さんであれば簡単に出来る手法ですので、それほどの手間ではありません。

1度完成した材料に色を合わせる事は難しいですが、手法次第で綺麗にする事は可能です。

タッチアップ塗装よりはお高くなってしまいますが、オススメのキズ補修方法です。

【外壁リフォームで失敗しない】八千代市で評判の高い業者を確認してみる

千葉や八千代市で信頼できる業者BEST3知ってます?

外壁リフォーム業者≫【外壁リフォームで失敗しない】千葉や八千代で評判の高い業者を確認

-住宅の外回りに用いる建材の豆知識, 外壁工事を行う際の基礎知識
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

装飾部材

外壁の装飾部材の種類と家にもたらすおしゃれな効果まとめ!

建物に装飾材を付けると、外観に陰影を与える事が出来ます。 建物をおしゃれな雰囲気に変えてくれるもので、最近人気になっています。 外壁の装飾材の効果とおすすめの部材 そんなよく見かけるようになった外壁の …

微弾性フィラー

外壁塗装の下塗りには微弾性フィラーを利用するのが便利です!

フィラーは、塗装工程の下塗りに使われる塗料です。 塗る素材と塗料の密着度を高める作用があり、新規塗装やリフォーム塗装、どちらでも使用できる下地塗料です。 似たような材料の名称でシーラーという下地塗料が …

アパートの経費計上

アパートの外壁塗装は経費になる?塗装工事を計上するポイント

アパートの外壁塗装工事を行った時の形状ポイント 明らかに元よりグレードアップしたとわかる物・・・資本的支出 老朽化した物をなおしたり、それに伴う若干のグレードアップ・・・修繕費 【目次】 アパートの塗 …

防カビ塗料

外壁のカビが気になる方は「防カビ塗料」で塗装するのがおすすめ!

外壁のカビやコケに悩まされているお宅は、沢山あります。外壁にカビや苔が出来てしまう原因は、風通しの悪さです。 しかし、一定の土地に今の状態で家が建ってしまっている環境上、風通しの解消は難しいと言えます …

クリア塗装

外壁のクリア塗装はメリットが多い!【塗装にかかる価格は?】

外壁のクリア塗装は、タイル調等の意匠性の高いサイディングに塗布する保護塗料として開発された、画期的な塗装です。 塗装版として完成しているサイディングであっても、年月経つと色あせや劣化等により外壁表面が …