Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shirako/yachiyo-gaiheki.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

八千代市の外壁塗装業者で『地元で評判なおすすめ会社』リスト【2018年最新版】

八千代市内で外壁塗装を行っている業者の中で『地元で評判の良い信おすすめな会社』リストを掲載しています。外壁塗装で失敗や後悔したくない、八千代市近辺にお住いの方はご参考ください。

外壁工事を行う際の基礎知識

外断熱のリフォームは耐久性と耐震性にも影響有るの知ってます?

投稿日:

外断熱のリフォームは耐久性と耐震性にも影響が有るんです

必見!話題の外断熱は耐久性と耐震性にも影響が有る?

<目次>

【もう確認しました?】八千代市付近の方達から信頼されている外装リフォーム店リスト
外壁や屋根等の外装工事で、八千代市近辺の方達から支持を得ているリフォーム業者3つを掲載しています。これから屋根や外壁等の施工を検討されている方は、こちらをご参考ください。

千葉や八千代周辺で評判の良い外壁塗装業者TOP3を確認する

外断熱のリフォームは耐久性と耐震性にも影響が有るんです

外断熱を建物に採用する事で、建物の耐久性を高める事が出来るのは案外知られていません。

また、外断熱をどのような工法で実施するのかにより、耐久性だけでは無く耐震性にも大きく影響を与えてきます。

誤った工法で断熱リフォームを行うと、建物の耐震性を下げてしまう結果にもなりかねません。

今回外断熱と耐久性や耐震性について詳しくポイントをまとめてご紹介致します。

外断熱が建物の耐久性を高める4つの理由

外断熱が建物の耐久性を高める4つの理由

気密力の高さ

気密力が高い建物になる事で、湿気が発生しにくい建物する事が出来ます。

湿気が発生しにくくなるという事は、湿気等の水分により建物に大きな負担を掛けずに済むので、建物の耐久性を高める事が出来ます。

構造体の劣化を抑える事が出来ますので、頑丈な建物をキープ出来ます。

凍害が起きない建物になる

外断熱工法により建物の断熱性能があがるので、凍害が起きにくい建物となる事が出来ます。

水道管の凍結を起こしにくくなり、排水にも凍結による余計な負担を与えずに済みます。

凍害が起きない事で給排水性能を衰えさせずに済みますので、給排水管が隠ぺいされている壁などの構造部分に余計な負担がかからなくなり、建物の耐久性を上げる事が出来ます。

適度な乾燥状態で長持ち出来る構造体とする事が出来る

余計な湿気が起きなくなる事で湿度を理想的な量に出来る事で、適度な乾燥により構造体を長持ちさせる事が出来ます。

構造体が劣化しにくいというのは、建物の維持のためにはとても理想的と言えます。

シロアリが発生しにくい空間となる

余計な湿度が無い事でシロアリが発生しにくい建物とする事が出来ますので、構造体に血余計な影響を与えずに済み、建物の耐久性を高める事が出来ます。

こういった様に、外断熱の採用により、古い建物も耐久性を上げる事が出来、快適な建物へと導く事が出来ます。

外断熱のリフォームで耐震性に注意すべき2つのポイント

外断熱のリフォームで耐震性に注意すべき2つのポイント

外壁塗装を考え始めて毎日ネットを見ては迷ってしまうあなたへ外壁塗装を行う上でとても大事なポイントは「セールスマンでは無く職人と話す事」です。これを行う事で、後悔の無い外壁塗装を計画的に行う事が出来ます。

≫ 外壁塗装は「職人と話す」と失敗しない3つの理由とは?

FP板での外断熱工法の場合

FP板での外断熱工法は、耐震性が劣ってしまう場合があります。その理由は、FP板を張り付ける際の方法に問題がある場合が多いからです。

FP板を打ち付ける際にビスを使用しますが、そのビスの長さが短い事で強固な湖底にならない場合があります。

その為、大地震が起きてしまった場合簡単にビスが外れてしまい、外壁が外れてしまう事があります。

外断熱工法に慣れれていない業者の場合、きちんと強固に打ち付ける事が出来ないトラブルが発生してしまう事があります。

複合板での外断熱工法の場合

複合板はFP板にスレート等の外壁材を貼り付けたものであり、FP板に貼られたスレート等の外壁材の剛性により耐震性を高める事が出来ます。

コンパネで筋違いとする事で筋違いの強度を高くさせる事が出来るのと、意味は同じです。この際、しっかりビスで外壁下地に取り付けている事が大事となります。

このように、選ぶ外断熱材の種類と取り付け方法により、耐震性に大きな差を発生させてしまいます。

耐震性だけを考えると、複合板の様に堅い外壁材が付属している断熱材の方が、高い耐震性を発揮させてくれます。

しかし、費用が高い断熱材ですので、なかなか住宅には採用しにくい断熱材となります。

耐震性と耐久性を考えて仕事はしっかりとしたリフォーム会社に依頼しよう

訪問販売のセールスマンに注意

この他にも外断熱工法に慣れている業者に工事を依頼する事で、耐震性や耐久度を上げる様な施工ポイントは細かくいくつも存在します。

なので、安易に断熱リフォームをチラシや訪問販売等でおすすめされても、しっかりと業者の選定は必要です。

地域の評判などが高く、外断熱工事に慣れているリフォーム業者にこういう工事は依頼して、耐久性と耐震性に富んだ外断熱の工事を行ってくださいね。

夏は涼しく冬は暖かい、住みよい住宅はこういうポイントを抑えて手に入れて下さい。

塗替えの場合でも、フッ素塗料などの機能性塗料を採用する事で、耐用年数を上げる事も可能となります。(実際どこまで持つかははっきりしてませんが…)

お安い費用がお得と思われるかもしれませんが、費用のお得さだけで塗り替えを選択してしまい失敗してしまう事があります。

それは、既に屋根に不具合が発生している場合です。屋根材に劣化が発生していたり破損がある場合は、塗装では賄う事は出来ません。

この場合は、選択肢は葺き替えしかなくなります。

一般的の屋根リフォームは、1度目のリフォームは塗り替えを行い、2度目のリフォームの場合は葺き替えを行うお宅が大半です。

中には訪問販売業者等のセールスマンは、「塗装工事の方がお得です」とか「フッ素」の方が良いと薦めてくる事もあるかも知れません。

そういう工事の知識が無いにも関わらず、口先だけでセールスを行って来る業者には注意してくださいね。

千葉や八千代市で信頼できる業者BEST3知ってます?

外壁リフォーム業者≫【外壁リフォームで失敗しない】千葉や八千代で評判の高い業者を確認

-外壁工事を行う際の基礎知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

水漏れ

外壁の水漏れは発見したらすぐに対処しないと家が劣化します!

外壁に損傷が発生すると、建物内部に水漏れさせてしまうので、よくありません。 外壁の水漏れを発見したらすぐに対処しましょう! 水漏れを発見しても「今度対処しよう」見て見ぬふりをしてしまいがちですが、どん …

外壁コーキング

外壁コーキングの劣化を判断するポイントと対処方法!

外壁コーキングは、サイディングのジョイント部分に充填されている、目地材です。 ジョイント部分にコーキングを充填する事で、水や湿気等を建物に浸透させない効果を発揮してくれます。 コーキングにも耐用年数が …

外壁のツタ対策

外壁のツタはどうやって除去すれば良い?正しい対策方法まとめ!

外壁にツタはどういう対策をしたら良いの? <目次>  ≫外壁部分のツタが邪魔になってませんか?  ≫ツタが外壁に張り付いている時の対策方法  ≫ツタの撤去を行う際にはこういう事に気を付けて処理しよう …

外壁工事のローン

外壁工事を行う時のリフォームローンの種類と金利相場まとめ!

外壁工事を行う時のリフォームローンの種類と金利相場 リフォーム会社提携ローン・・・3%~3.5%程度 銀行ローン・・・2.5%~3%程度 カードローン・・・5%~14%程度 <目次>  ≫リフォーム会 …

南欧風のリフォーム

外壁を南欧風にリフォームする際の色選びや成功の秘訣を公開!

外壁を南欧風にリフォームする際の色選びや成功の秘訣 目次 南欧風の外壁リフォームの種類と成功させるポイント! 塗装で南欧風にリフォームする為の工事の流れ 同じ南欧風でも、工事内容で全然イメージが変わる …